リトアのお散歩日記

リネージュ2クラシック、グランカインサーバーで遊んでいるサジタリウスです。狩りの様子やゲーム内の良い景色・面白いスポットなども紹介していけたらいいなぁって思ってます。

ご無沙汰しております



リトア「こんにちは、リトアです。」




りとや「どうも、りとやです。」




リ「リネへのログインも、ブログも
ご無沙汰になってしまい大変申し訳ありませんでした。
大いに反省しております。」



り「というか、なんで俺まで正座させられてるんだ?」




リ「だって、一人で反省するのも寂しかったもんでw」




り「・・・・・・。もしかして最近、
俺をしゃべらせておけばなんとかなると思ってないか?」




リ「ギクッ。そ、そそ、そ・・・そんなこと、な、なないよ?((動揺))」




り「・・・(飽きれ顔)」




リ「と、とにかく!来週から多少はイン出来そうなんで、
なるべくインする予定です。あとブログも頑張ります!<(_ _)>」




り「そうだな。あまりにインしなさすぎてネタが無くなって、
とりあえず書いた
あの記事、キュウさんにやり直し言われてたしな。」




リ「ソウデスネ・・・ネタの無さっぷりとかやる気の無さっぷりが
思いっきりバレてマシタネ。」




り「あとから読み返すと、確かにだもんな。」




リ「そこも含めて反省しております。」




り「仕方がないな。俺がネタ作りのアドバイスをしてやろう。」




リ「え、マジで???」




り「おう。リネのネタが無いなら、中の人がネタを出せ。」




リ「中の人がネタを出す?」




り「例えば、だ。中身の人物がどんな顔してるかとか気にならないか?
どういう人が何を考えてケツキャラなんぞやっているのかと。」




リ「待って!私ケツキャラじゃないんですが!!」




り「っつーわけで、こんなものを用意してみた。俺が見た中の人のry」





(一枚の紙が宙を舞う↓↓)




※イメージ図です↓




リ「おい、やめろおおおおお!!!!!!!!(;゚Д゚)」





り「とまぁ、こんな感じで中の人のことには皆興味があるわけだ。」




リ「人がせっかく隠蔽してきたネタを出すんじゃないいいいい!!
絶対に広まらないように最新の注意を払って隠蔽してきたのに・・・(涙)」




り「なんだ、気に食わなかったのか?贅沢だな、じゃあこっちでもいいぞ。」




(1冊のノートを差し出す)




※あくまでもイメージ図です↓




リ「なにこれ?」




り「こないだな・・・押し入れを探していたら出てきたんだよ。」




リ「ま、まさか・・・このノートに名前を書いたら人を死に至らしめることが
出来るという伝説の・・・???」




り「いや。これは中の人が小学生の時に書いた交換日記だ。」




リ「Σ(゚Д゚)!!!!!?????」




り「な?中を見てみたいと思うだろ??」




リ「見たくない!見たくないから、それを早く仕舞ええええええ!!!
マジで【黒歴史の書】と書いてデスノートと読めそうなシロモノだから!」




り「そういうものこそ見たいと思うのが人間というもんだ。
次にネタが無くなったら、これの公開な。」




リ「(こいつの前でネタが無いとか言うのもうやめよう・・・)」





というわけで、リネのネタが無いと大変なことになるので
必死でインして頑張りますwww



おしまい!w

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。